FC2ブログ

鈴木経営会計事務所「お役立ちQ&A」

毎月発刊されている「鈴木会計事務所だより」から、みなさんのお役に立つような掲載記事をピックアップしてご紹介しております。

医療費控除 補聴器の購入費用

 医師による診療や治療などのために直接必要な補聴器の購入のための費用は医療費控除の対象となります。
 ただし、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額に限られます。この補聴器が医師による診療や治療などのために直接必要か否かについては、診療等を行っている医師の判断に基づくものでなければなりません。
 そのため、一般社団法人耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医が、「補聴器適合に関する診療情報提供書」等によって、補聴器が診療等のために直接必要である旨を証明している場合に、当該補聴器の購入費用が、医療費控除の対象となります。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/10(金) 12:47:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相続時精算課税を適用後に少額の贈与をしたとき | ホーム | 《印紙税》 消費税等の免税事業者が作成する受取書の記載金額>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://romansya.blog105.fc2.com/tb.php/229-bd7a389c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

べんぴねこボタン2

プロフィール

鈴木経営会計事務所

Author:鈴木経営会計事務所
ブログへようこそ!

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する