鈴木経営会計事務所「お役立ちQ&A」

毎月発刊されている「鈴木会計事務所だより」から、みなさんのお役に立つような掲載記事をピックアップしてご紹介しております。

永年勤続者表彰記念品の源泉徴収

永年勤続者の表彰のための記念品については、その支給額が社会一般的に行われているものであり、
また、その記念品は通常

 ① 市場への売却性、換金性がなく

 ② 選択制も乏しく

 ③ その金額も多額となるものではないこと

以上のこと等から、現金による手当とは異なり、給与所得として課税しないこととしています。

 
しかし、同様の趣旨から、現物に代えて支給する金銭については、非課税と取り扱うことはしないこととされています。また、一定金額の範囲内で自由に記念品として品物を選択できるような場合も、金銭を支給されたときと同様の効果がもたらされるため、金額を問わず課税されることとなります。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/12(月) 13:14:37|
  2. 鈴木会計事務所だより

べんぴねこボタン2

プロフィール

鈴木経営会計事務所

Author:鈴木経営会計事務所
ブログへようこそ!

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する